スタッフブログ

最新のブログ更新情報RSS

>> ブログの一覧へ

住まい手からみる木造住宅の未来 [スタッフの伝言板

投稿日時:2014/04/20(日) 17:56

4月19日(土)大阪市で開催されました日本ぐらし館 木の文化研究会第三回シンポジウム。

家事塾からの紹介があり、参加申し込みし行ってまいりました。

「住まい手からみる木造住宅の未来」という主題、「子育て期・高齢期のライフスタイルと住まい」

というとても興味深い講演内容でした。

何百年も前から居住文化が残っている京町屋。

その居住文化に学びながら現在の住まいを見直そうという考えで、自然やまちとのつながり、建物と庭との関係

季節感を感じる住まいの事例をいくつか紹介されました。

又これからの住まいは住むのではなく、住まいを自分らしく使いこなす。工夫しながら暮らすことの大切さ、住まい手が

自分にとって居心地よく住むためには「簡単ではない住まう」ということをもっと学ばなければいけないという

メッセージをいただきました。

ソラマドの家のコンセプトや家事塾の考え方と同じなんだ~と感じ感動しました。

 

 

 

>> 続きを読む

ソラマドの家上棟式の様子 [スタッフの伝言板

投稿日時:2014/04/17(木) 19:02

春の晴天に恵まれて~今日はU様邸ソラマドの家の上棟式を開催させていただきました。

 

  • 8時半に現場に着くともう一階部分がここまで出来上がっていました。

  • 昼前11時半に現場に着くともう階段が設置されていて二階まで進んでいました。

  • 昼休憩中!

  • 今日の上棟式終了、社長と棟梁が上棟弊を仮の住まいの二階に設置中!
  • 今日一日8人の大工さんのおかげでここまで完成しました。有難うございます。お疲れ様でした。

>> 続きを読む

soramadoの家1年点検 [スタッフの伝言板

投稿日時:2014/04/12(土) 18:32

今日は~ちょうど一年前にソラマドの家を建てて頂いたH様邸の

点検に行かせて頂きました。

H様には新しい家族が増えたと聴いていたのでご家族の皆さんに

お会いするのがとても楽しみでした。可愛い赤ちゃんが出迎えてくれましたよ^^!

お家に入ってまず色々気になるところを聞かせて頂き、工務スタッフが修理や調整を

させて頂いていて私はご家族とお話ししていると、4歳の娘さんが私の似顔絵を

描いてくれていました。あ-・・もらってくれば良かった・・と、今後悔しています・・・

H様邸ソラマドの家

住まれてからのソラマドの家もこんな感じに暮らせるのか~と改めていいな~と

工務スタッフと二人でソラマドいいな~と終始つぶやいていました。

又ソラマドデッキは子供さんの遊び道具がいっぱい~お母さんは外に行かれないときは

ここで遊んでくれるのがいいです。とH様ご夫婦はソラマドの住み心地の良さ色々語ってくれました。

さらに可愛いアイデアを見せて頂いたので写真に納めてきました。

  可愛いシールを発見!

 二階からリビングに降り注ぐ光~

ここは実は二階の廊下なんです。歩いても大丈夫!

ソラマドファミリーの情報交換にピッタリな情報を色々聞かせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

>> 続きを読む

紀の川市サーファーのソラマドの家 [スタッフの伝言板

投稿日時:2014/04/07(月) 12:25

今日は、先月お引渡しをしました紀の川市にお住まいのサーファーのソラマドの家を紹介します。

田園風景が広がる自然豊かな住宅街にマイホームを建設したご家族。

土地や建物、すべてにこだわった『ソラマドの家』がそこにありました。

南向きの片流れ屋根は将来太陽光発電が付けられるように!

  

カフェのようなお洒落なキッチン照明やテーブル等はソラマドファンの奥様が色んな

ソラマド施工例を参考にしながら~自分スタイルのイメージを完成されました。

 

ご主人様の趣味はサーフィン。サーフィンを終えて帰ってくると

庭のデッキからオープンなガラスドアを開け、洗面~お風呂

に繋がる動線が素敵です。

サーフィン板は吹抜け部分に飾られるとか~。

 

二階の廊下には家族で楽しむことができる多目的空間が広がります。

こんなとっても素晴らしいソラマドのお家。

これから建つソラマドファミリーもこちらのお家を見学されて

『とても参考になる」とおっしゃられていました。

和歌山にソラマドファミリーの輪がどんどん広がっています。

これからとっても楽しみです!

 

 

>> 続きを読む

第92回 2014年4月度作品 [スタッフブログ

投稿日時:2014/04/02(水) 15:23

4月度フラワーアレンジメント教室の作品です。横長の花器に流れるようにお花を活けラインをつくりました。...

>> 続きを読む

BLOG MENU

CATEGORY